こういう状況だからこそ本質を

/, 沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ/こういう状況だからこそ本質を

こういう状況だからこそ本質を

今週はコロナウィルス世界的に拡大した影響で世界の株式市場が大波乱の1週間でした。

為替も急激な円高に振れたり、すぐに反発したりの乱高下状態。

この一週間は情報収集やタイミングを常にうかがったりと、脳みそフル回転で脳出血が起こりそうな週でした。。。

週末は少し頭をクリアにしてまた来週から集中です。

こんにちはスポーツクラブイーズのまちゃあきです。

世界的な感染拡大が加速、そのスピードの速さに金融市場も激しく動揺しています。13日の東京株式市場では日経平均株価がフシ目の1万8000円はおろか一気に1万7000円も突き抜け、一時1869円安の1万6690円まで水準を切り下げました。

株式市場では業種・業態を問わず個別株が根こそぎ売り込まれる展開となっている。あらゆるものを値段無視で叩き売るというパニック的な状況に陥っていました。

また、欧米株市場の下げが強烈でしたね。まず、欧州では記録的な急落。トランプ米大統領が英国を除く欧州からの渡航者について30日間の入国禁止を発表したことで、これが世界経済の失速懸念につながり、米国株市場も波乱安に見舞われることになり、2300ドル強の過去最大の下げ幅となりました。

ソフトバンクグループの孫さんも昨日5000億の自社株買いを発表しました。男買い出ました。個人的には楽天の三木谷さんもどこかのタイミングで男買いしてほしいです。

不当に株価が下がり過ぎた優良大企業はコロナが治まればすぐにまた回復するはずです。

心配なのは中小企業ですね。。。

よくニュースで過去最大の下げ幅とかリーマンショックを越える下落率とか言っていますが、普通に考えれば昔よりも現代の方が圧倒的に情報伝達スピードが上がっているため、世界中の人たちがすぐに反応できる世の中になったということです。

昔はアメリカで起こったことやヨーロッパで起きたことは時間差で情報が届いて、それから反応していましたが、今は誰でも瞬時に情報を得られて、スマホ一つで株や為替の売買ができる時代です。

そう考えたら下落スピードや上昇スピードは過去より速く、大きくなるのは至極当然のことだと思います。

情報が一瞬でまわるのでみんな同じ行動とるので一斉に下がります。

そして最近はAIによる自動売買が導入されたので、機械的に猛スピードで売買が行われます。売りが売りを呼ぶ状態ですね。

リーマンショックの頃にはAI技術はほぼなかったですから。

株を買うのも不動産を買うのも、それは価格を買っているのではなく、株や不動産を買っているということを再認識しなければなりません。。

価格を買うのではなく、モノを買っています。コーヒーを300円で買う時、300円を買っているのではなく、コーヒーを買っています。コーヒーを買ったことで、美味しい味を楽しむことが出来ます。そのために300円で買ったわけです。

その株の所有、不動産の所有を楽しむ気持ちで市場を見るのがいいかもしれませんね。

コロナショックと騒がれていますが、ショックというよりは昔からの繰り返しで新しいウイルスの問題で経済利益がなくなったのです。一定割合。なので今後の見通しを考えて、株価は下がって当たり前だと思います。

ショックでも何でもなく、「普通」のこと。この200年間、何度も経験してきた普通のことです。

上の図の通り、世界は130年間企業や国の価値は上がりっぱなしです。たまーに下がることもありますが長い歴史の中でみたらほんのちょっとです。

大事なことは、みんなで協力してウイルスと戦うこと。

株価はどうでもいいですねw

みなさんの健康が第一です◎

人類はかならず克服できるはずです☆