コーヒーと筋トレ

コーヒーと筋トレ

沖縄地方が梅雨入りしました。

沖縄地方梅雨入りしたそうです。嫌な季節となりました。

先日は韓国を訪問してきました。

今回は大邱と慶州へ

この時期の大邱は気温30℃前後ですが湿度が低いので沖縄より過ごしやすい感じがします。

大邱は韓国第三の都市でカフェの数が韓国1と言われています。

ということで今回はコーヒーと筋トレの関連性に関することを少し紹介します。

コーヒーに含まれるカフェインはアスリートが摂取しても違反にならない合法的なドーピングとして注目されているパフォーマンスを高める栄養素とされています。

カフェインが筋持久力を高める効果は広く知られており、アスリートの中にはコーヒーでカフェインを摂取し、自己ベストを更新する選手もいるそうです。

筋トレ前のカフェイン摂取で得られる主な効果は以下の3つです!

 

  • 集中力の向上
  • 脂肪の分解とエネルギーとして使われやすくする効果
  • 筋肉が力を発揮しやすくする効果

 

筋トレ前にカフェインを摂取することで中枢神経を興奮させ、その結果として集中力を高められ、より質の高いトレーニングに取り組めるそうです。

カフェインに眠気防止作用があるのもこのためで、とくに疲労時にはその効果を強く発揮し、集中できるようになります。

私は20代は夜勤が多かったため、その影響で眠気覚まし的な感じで良くコーヒーを飲んでいました。

その結果今では中度のカフェイン中毒になっております。

カフェインを摂取することで体内では脂肪の分解が促進され、さらにそれをエネルギーとして使われやすくしてくれる効果もあります。

また脂肪がエネルギーとして使われれやすくなることで、筋肉中のグリコーゲンを節約して、長時間のトレーニングでもパフォーマンス維持がしやすくなります。

最近ではコーヒーは肝がんや消化器系のがん、胃がんの予防減少にもつながるという研究結果がでております。

今のところカフェインは良いことずくしに思えますが、副作用もあります。

過剰摂取した際の副作用としては、頭痛、不眠症、下痢、不安感やイライラなどが現れるとされています。
また非常にまれなケースですが死亡例もあるとのことで、過剰摂取には注意です。

1日400mgまでが副作用など悪影響のない最大摂取量とされています。
つまり1日を通してこの量を超えてしまうと過剰摂取ということです。

普段からカフェインを多く摂取している人は耐性がついてしまって、カフェインの効果を感じずらくなったり、カフェインが切れた時の反動が大きくなるということです。

完全に自分はこの類です。

韓国のコーヒー市場は日本より進んでいるような感じです。

価格も安くサイズもでかい。

日本で買ったらショート、トールが250円~350円くらいですが韓国では250円でグランデサイズって感じです。

KING KONG COFFEE

日本でも流行るかな。。。