今日は終戦の日です

//今日は終戦の日です

今日は終戦の日です

本日8月15日は終戦の日です。終戦からもう75年が経ちました。

自分が学生の頃は戦後60年と言われていたのがもう戦後75年ですか。。。

現在の若い学生は日本とアメリカが戦争をしていたことも知らない人がいるようだとか。。。

戦後から現代まで日本はずっと「自虐史観」という戦後の特定の歴史観があります。

これは東京裁判によって敗戦国のみが裁かれたことやGHQによる「日本は悪である」との考え方を押し付けられた為だと言われております。

毎年8月になると戦争関連の報道、番組が増え、必ず蘇る「敗戦国」の記憶。 最近は戦争の悲惨さや亡くなった方たちへの祈りを込めた番組など、さまざまなテーマが扱われますが、未だに基本的なトーンとしては「反省」が軸にあるものがほとんどです。無謀な戦争をして、多くの犠牲を出し、酷い敗け方をしたという教育は自分が子供の頃から変わらずです。

日米戦をよく知らない若い方がでてきたということは、やはり時が経つにつれ自然と記憶が薄まっていっているようですね。

まあ何というか私たちの子供や孫、未来の子供たちにまで「日本は悪である」「敗戦国」という考え方を無理に教育する必要もないのかなと思ってみたり。でも事実はしっかりと伝えていかなければならないし。大事なのは決して戦争や日本がやったことを美化しないことが大切かと思います。

特攻隊の方々が国の命令で仕方なく死ににいった話や、国の為に命をかけた話など、あのような事実をを美化するような風習もありますが、美化というよりも、自分の家族や友人が住んでいる日本をただ守りたかっただけだと個人的には思います。国のためではなく、身近な家族や友人の為に立ち向かったと。

そう考えるとあの頃の若者も現代に生きる我々も何ら変わらないなと思います。

たぶん自分があの時代に生まれていたとしても志願していたと思います。

いや、わからない。どうだろうか。

そんなことを考える機会を与えてくれるのが、今日なんでしょうね。

8月15日 終戦の日

 

 

2020-08-15T15:07:16+00:002020/08/15|未分類|