日本がアジアで一番の時代はとっくに終わってます

//日本がアジアで一番の時代はとっくに終わってます

日本がアジアで一番の時代はとっくに終わってます

コロナが沖縄県内100人超えですね。。。

こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。

さて、先日内閣府が3日に発表した2020年1~3月期の実質GDP(国内総生産)は前期比0.6%減で年率換算で2.2%減と2四半期連続のマイナスという数字がでました。

消費増税で経済が悪化した2019年10~12月期が年率7.1%減でしたから、消費増税+コロナにより続落という形になり、経済活動が一段と停滞し、戦後最悪の落ち込みとも言われています。

以前から今後の日本は何となくやばいと言われてきたことが、ここにきて数値化されてきましたね。。。

それでも政治家や一部の専門家はしきりにコロナの影響と言っていますが、コロナよりだいぶ前から日本の生産性は下がり続けています。

日本は世界の先進国の中で最もお金を持っていないのではないでしょうかw

日本がアジアのトップだった時代はもう終わってきていますが、未だに日本はアジアで一番豊かだとか、日本人は勤勉だとか言っている人もいて、本気で言ってるのか?って感じになりますね。

他のアジアの国々はぐんぐん国民一人当たりの年収も物価も上がり続けています。日本は今その真逆の動きをしていて、今後もそれは続いていくと言われています。

今の子供たちが大人になったら海外に出稼ぎにいくなんてことも大いにあると思います。海外の方が稼げるので。

今はベトナム人やネパール人が日本に憧れて日本に出稼ぎにきていますが、それも昔に比べたら相当人気は落ちています。

日本は豊かな国でみんなが目指す国という過去の栄光にすがっている場合じゃないですねw

日本に旅行に来る外国人はもちろん日本の文化とかが好きで来ているのはもちろんありますが、物価が安いから来てるんじゃないかな。。。

我々日本人が東南アジアに旅行行くときに、物価が安くて良いよね~ って言ってたのが将来は逆の立場になる可能性だってあります。

ベトナムとか経済成長スピードがすごいですもんね。都市部では物価は日本とほとんど変わらなくなってきているという話も聞きます。

いつのまに日本はお手頃で安い国になってしまったのか。。。w

例えばインドは10年後の2030年に人口で中国を抜いてGDPで日本を追い越します。

一応今のところGDPの世界ランキングは1位アメリカ、2位中国、3位日本になってます。

2018年の人口は中国13.9億人、インド13.5億人で2030年にはインドが中国を超えます。

GDPの計算方法は人口×一人当たりの年収です。

人口で中国を抜き、経済発展によって年収が増え、10年後の2030年にGDPでインドが日本を抜くと言われています。

インドのGDPは現在日本の半分程度なのでピンとこないかもしれませんが2050年にはGDPでアメリカを追い抜くのではとさえ言われています。

GoogleやAmazonも現在インドの市場を狙っています。

ようするに2010年に中国が日本のGDPを追い越したように10年後にはインドにも抜かれるそうです。

その更に未来はフィリピンやベトナム、マレーシアにもどんどん抜かれていくかもしれませんね。

2030年とか2050年となるとやはり我々世代というよりも子供の世代や孫の世代からどんどん年収が減り、私たちの年金を払うのでいっぱいいっぱいになっていくことになりそうですね。

今のうちから危機感を持って将来の日本に期待しすぎず、海外で自分の力で稼げる能力を今のうちから培っておく必要がありますね☆

もう一度言いますが日本がアジアのトップリーダーだった時代はもう終わってます☆

2020-08-08T15:09:21+00:002020/08/08|未分類|