haisaaai  how you doing!

今回はくど~い話をしてみます。

アメリカの年金制度を一部紹介してようと思います。

メジャーリーグでは・・・

MLB選手会は「世界最強の労働組合」とも言われ、労使交渉を通じて年俸上昇だけでなく、福利厚生制度、苦情調停制度、各種手当の支払い、家族への配慮など様々な権利を選手のために獲得してきました。引退した選手が手にする年金もその1つです。

最大の特徴は、選手が掛け金や保険料を一切負担しない無拠出型年金。財源は、全国放送テレビ放映権収入やライセンス収入、インターネット収入などのリーグ収入で、ここから毎年一定額が「MLB選手年金基金」(MLB Players Pension Plan)に拠出されることが労使交渉で決まっています。

年金受給資格は、現役最後の選手登録が1980年4月1日より前なのか、後なのかによって異なるのですが、現在現役でプレーしている選手の場合(後者の場合)、1日以上のアクティブリストへの登録(=一軍登録)があれば年金の受給資格を得ることができます。つまり、たった1日の一軍登録があれば年金をもらうことができるというわけです。

MLBの場合、10年で満期となり、10年以上プレーしても金額は変わりません。年数計算は、フリーエージェントの資格要件と同じで、「172日のアクティブリスト登録=1年」とカウントされます。怪我をしても、故障者リスト(DL)に入っていればこの日数にカウントされます。

MLBの選手年金は、毎月一定額が確実に支払われる「確定給付金」(Fixed Benefit)と、年金基金の運用成績によって変動する「変動給付金」(Variable Benefit)の2つから構成されています。これがMLB在籍年数に応じて増えて行く形になるのですが、在籍10年で満額受け取る選手の場合、受け取り開始時期を65歳とすると、確定給付部分が6389ドル(月額)、変動給付部分が3000ドル(同)となり、月額9389ドル(約82万6000円)、1年で11万2668ドル(約1000万円)を受け取る計算になります。

MLBの年金は終身年金(受給者が死亡するまで年金が払い続けられる)ですから、受給開始時期を早めれば、手にする月額は当然減ることになります。ちなみに、MLBでは、45歳から受給を始めることができます。これ以外に、受給者の生死にかかわらず、給付開始から10年間年金を受け取る「10年確定年金」も用意されています。

PGAには莫大な運用資金による年金ファンドがある。PGAツアーの年間賞金ランキングで5年間30位以内をキープし続けると、60歳以降に総額約20億円、10年間(丸山の場合、2000年から2009年まで)70位以内をキープし続けると、同総額30億円から40億円もの年金を受け取れ、しかも、この年金は本人が亡くなった後、子供の世代に受け継がせられる手厚いものである。

タイガー・ウッズは今引退したとしても総額300億円以上の年金が支給されるという。(ヤバ!)

そして、PGAにはその計算をしてくれる通称「年金おばさん」がおり、窓口に訪ねに行くと「あなたは、あとこれだけ頑張れば、いくらの年金が貰えるのよ。頑張ってね」などと予定支給額を教えてくれるのだそうだ。丸山の2006年の賞金ランキングは79位。惜しくも70位以内に入ることができなかった。

プロ野球の年金制度は、10年在籍で年間100万程度が支給される制度でした。ただ、「でした」という言葉からわかるように、残念ながら2012年に廃止されてしまいました。「年金制度が充実しているから大リーグに挑戦する」って方はいないとは思いますが、そう思っても仕方がないような「大きな格差」がありますね。

プロ野球選手も日本国内に住所を有する限り、国民年金に加入する義務がありますから、国民年金保険料を払っていれば「無年金」ということにはなりません。ただ、それでも大リーグとの格差は歴然ですね。

選手ファーストがすごい! もうええわありがとうございました。