ようやく新駅開通しました。

//ようやく新駅開通しました。

ようやく新駅開通しました。

先日、ようやく近所の新駅(石嶺駅)が開通しました。当初の予定では今年の3月開通予定でしたが、間に合わず8月か9月に開通予定でしたが、更に伸びてやっと10月1日に開業しました◎

こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。

今回は首里駅から浦添市まで延伸し、新たに4駅⇒石嶺駅・経塚駅・浦添前田駅・てだこ浦西駅の4・1キロ延伸しました。

まだ新駅周辺は途上段階ですが、人口が増えて、それなりに商業施設も増えてくることが予想されます。

開発事業を手がける市てだこ浦西駅周辺土地区画整理組合によるとてだこ浦西駅前には大型商業施設やホテルを含む複合施設、スポーツフィットネス施設などが建設される予定だそうです。

浦西駅の周辺はもともと市街化調整区域で、畑や荒れ地などが占めていて、起伏の激しい土地で人の立ち入りも難しく、ただ通り過ぎるだけの地域だったそうですw

それがいまや地価は以前の10倍。

坪5万円から10万円くらいでしたが、現在は坪50万円と最大10倍近くまで跳ね上がっているといいます。

駅の北側エリアでは住友商事とイオン琉球が大型商業施設の建設を計画し、学校法人やスポーツ施設の進出、複数のマンション建設計画などが提案されているそうです。

沖縄の地価上昇率は全国1位です。

どこか辺鄙な土地を買っていたとしても上がりそうですね。

浦添市は那覇市と肩を並べるくらいに『都市化』するかもしれません。

那覇市に次いで2番目に人口が多い市『沖縄市』ももっと頑張らないとですね。

基地の恩恵だけで満足しているような市町村は今後淘汰され、衰退していくことでしょう。