今後の医療費負担

今後の医療費負担

来週は台風スウェル到来の予感です。

コンディションを整えておく必要があります。

こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。

毎日暑い日が続き、体調を崩されている人が多い時期だと思われます。

なにか体調崩しそうな予感というものは必ずあります。早めに対処することで最小限に抑えるのが大切です。

頑張っている人や常に気を張っている人は喉の痛みからくるそうです。

ということで今回は日本の医療保険について少し。

日本の場合、医薬品を市販で買わず病院で処方してもらえば、それだけで大幅に安く買えます。
国が7割を負担してくれて、自分の負担は3割で済みます◎

例えば、湿布の薬価は320円ですが、そのうち自己負担は3割の96円、
高齢者だったら1割の32円で買えます。
もちろん残りは国(税金)が負担します。

以下は日本のGDPの予想です。

2018年のGDP:560兆円
2040年のGDP:790兆円

20年で1.2倍の経済成長を見込んでいるそうです。

よく年金破綻が騒がれていますが、政府が負担する年金給付額は
2018年が56兆円、2040年が73兆円なので、1.3倍くらい増える予定。
つまりGDPの経済成長で何とか賄えるという予想です。

しかし、もっと深刻なのは、実は年金ではなく、医療と介護の給付です。
2018年と2040年を比較した場合、
医療給付費は1.7倍(39.2→68.5兆円)、
介護給付費は2.4倍(10.8→25.8兆円)
にも膨らむ予定です…

高齢者はよく理由もなく病院に通って湿布や薬を処方してもらいますが、結局ほとんど使わないのに、その9割を政府が税収から負担しています。

フランスの薬剤自己負担割合は、抗がん剤などの高額医薬品は0%ですが、その他は医薬品の有効性などによって重要なものは35%自己負担ですが、不要なのに処方されたら100%自己負担です。

日本もこうした欧米のように無駄な湿布代を税金で負担するのをやめないと社会保障給付費がパンクしてしまいますね☆

風邪をひいて病院に行くと、診療開始の30分前くらいから玄関の前で待っている人たちがいます。

毎週のように病院の先生に診療してもらって薬だけもらって帰る人もたくさんいます。

本当にきつくて這って病院に行ってみたら鬼のように待たされたりして苦痛の時間を過ごした経験は誰にでもあるでしょう。

毎日病院に行って診療代や軽微な薬代を保険料で賄っていては、どんどん税収で得た蓄えは枯渇していきます。