Monthly Archives: 5月 2020

//5月

アフターコロナ

2020-05-23T13:10:08+00:002020/05/23|沖縄スポーツクラブ|

最近コロナ問題が起こる前の生活と比較してアフターコロナはどうなっていくのかという話がよくでてきます。 個人的にはアフターコロナは存在しないというか、ビフォーコロナがより加速するというふうに思います。 つまり、無駄な移動は控えて、ZOOMで会議は済ませるとか、自宅での仕事を増やすとかテレワークするとか、ハンコを無くすとか、ビフォーコロナからずっと言われていたことがコロナをきっかけにというか、コロナを言い訳に加速するのではないかなと。。。 なかなか踏み出せなかったことがある出来事をきっかけに加速しだすことはよくあることだと思います。 お店のリニューアルもそのうちの一つだと思います。 こんにちは。スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 昨日、東京都では新たに3人の新型コロナウイルス感染者が確認され、1日当たりの新規感染者は緊急事態宣言が出されてから最少で、5人を下回ったのは3月22日以来、約2カ月ぶりだそうです。 22日まで1週間の都内の10万人当たり新規感染者は0.37人で、緊急事態宣言解除に向けた政府基準の「0.5人」を下回ってはいるそうですね。 緊急事態宣言が続く他の4道県では、北海道で6人、神奈川県で7人、埼玉県で1人の感染が確認されました。 私の地元埼玉は新規感染者数はかなり減っていますが、東京と隣接しているため、東京・埼玉・千葉・神奈川は首都圏という一括りにされてしまっているので東京が多いと解除されない状態のようです。 とはいえ、現時点で日本国内の新規感染者はかなり減ってきているのでこのまま終息してもらいたいですね。 しかし、今度は南米ブラジルが新型コロナ感染者数世界で2番目になりました。1日で2万人増え33万人だそうです。 時間差で世界中に広がっています。アジア→ヨーロッパ→北米→南米ときたら次は中東・アフリカに広がるのでしょうか。。。 来年のオリンピック前にはピークアウトしてほしいですね。それと治療薬・ワクチンの開発にも期待したいです。 それではみなさん引き続き感染防止対策を☆    

2020-05-21T22:03:41+00:002020/05/22|沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ|

haisaaai  how you doing! 今回はくど~い話をしてみます。 アメリカの年金制度を一部紹介してようと思います。 メジャーリーグでは・・・ MLB選手会は「世界最強の労働組合」とも言われ、労使交渉を通じて年俸上昇だけでなく、福利厚生制度、苦情調停制度、各種手当の支払い、家族への配慮など様々な権利を選手のために獲得してきました。引退した選手が手にする年金もその1つです。 最大の特徴は、選手が掛け金や保険料を一切負担しない無拠出型年金。財源は、全国放送テレビ放映権収入やライセンス収入、インターネット収入などのリーグ収入で、ここから毎年一定額が「MLB選手年金基金」(MLB Players Pension Plan)に拠出されることが労使交渉で決まっています。 年金受給資格は、現役最後の選手登録が1980年4月1日より前なのか、後なのかによって異なるのですが、現在現役でプレーしている選手の場合(後者の場合)、1日以上のアクティブリストへの登録(=一軍登録)があれば年金の受給資格を得ることができます。つまり、たった1日の一軍登録があれば年金をもらうことができるというわけです。 MLBの場合、10年で満期となり、10年以上プレーしても金額は変わりません。年数計算は、フリーエージェントの資格要件と同じで、「172日のアクティブリスト登録=1年」とカウントされます。怪我をしても、故障者リスト(DL)に入っていればこの日数にカウントされます。 MLBの選手年金は、毎月一定額が確実に支払われる「確定給付金」(Fixed Benefit)と、年金基金の運用成績によって変動する「変動給付金」(Variable Benefit)の2つから構成されています。これがMLB在籍年数に応じて増えて行く形になるのですが、在籍10年で満額受け取る選手の場合、受け取り開始時期を65歳とすると、確定給付部分が6389ドル(月額)、変動給付部分が3000ドル(同)となり、月額9389ドル(約82万6000円)、1年で11万2668ドル(約1000万円)を受け取る計算になります。 MLBの年金は終身年金(受給者が死亡するまで年金が払い続けられる)ですから、受給開始時期を早めれば、手にする月額は当然減ることになります。ちなみに、MLBでは、45歳から受給を始めることができます。これ以外に、受給者の生死にかかわらず、給付開始から10年間年金を受け取る「10年確定年金」も用意されています。 PGAには莫大な運用資金による年金ファンドがある。PGAツアーの年間賞金ランキングで5年間30位以内をキープし続けると、60歳以降に総額約20億円、10年間(丸山の場合、2000年から2009年まで)70位以内をキープし続けると、同総額30億円から40億円もの年金を受け取れ、しかも、この年金は本人が亡くなった後、子供の世代に受け継がせられる手厚いものである。 タイガー・ウッズは今引退したとしても総額300億円以上の年金が支給されるという。(ヤバ!) そして、PGAにはその計算をしてくれる通称「年金おばさん」がおり、窓口に訪ねに行くと「あなたは、あとこれだけ頑張れば、いくらの年金が貰えるのよ。頑張ってね」などと予定支給額を教えてくれるのだそうだ。丸山の2006年の賞金ランキングは79位。惜しくも70位以内に入ることができなかった。 プロ野球の年金制度は、10年在籍で年間100万程度が支給される制度でした。ただ、「でした」という言葉からわかるように、残念ながら2012年に廃止されてしまいました。「年金制度が充実しているから大リーグに挑戦する」って方はいないとは思いますが、そう思っても仕方がないような「大きな格差」がありますね。 プロ野球選手も日本国内に住所を有する限り、国民年金に加入する義務がありますから、国民年金保険料を払っていれば「無年金」ということにはなりません。ただ、それでも大リーグとの格差は歴然ですね。 選手ファーストがすごい! もうええわありがとうございました。

休業中は・・・

2020-05-21T19:08:29+00:002020/05/21|未分類|

お久しぶりです!仲地です(^^)/ いきなりのコロナパニックで大変なことになりましたが 皆さま元気でお過ごしでしょうか❓   イーズも長い間休館になってしまい、寂しい期間が続きましたが 15日から無事再開することになり 会員さんの元気な顔を久しぶりに見ることができて良かったです😆   休みの間は、イーズリニューアル‼と、しまして 前回の喜舎場さんの記事でもあった通り 内装をほぼ張り替え、新品で綺麗な館内に生まれ変わりました🤩🌼   スタッフも今まで手の届いてなかった細かいところを 徹底的に磨いてこすって磨きまくってピカピカにしましたよ💡🔶🔸🔸 手も顔も足の裏も真っ黒になりながら 約1カ月、工事している業者の人たちと掃除の日々だったので 転職したような気にもなったのですが(笑) 無事にオープンでき、本業に戻れてホッとしました😂   会員さんにも大好評ですごく喜んでくれるので 頑張って良かったなと思いました😊👏   まだまだ安心できないことも多いですが 1日も早い終息になることを願っています🙏 生まれて初めての経験で、当たり前のことがこんなにも 出来なくなるのは本当に辛いことなんだなと感じますね😢   今やりたいことは、みんなで居酒屋で生ビールを かんぱーーーーい🍻🍻🍻ってすることです😂(笑) そのためにもまだまだ気を抜かず、 乗り切っていきましょう~~🔥💪   拾ってきたおサルさんもお掃除頑張りましたよ🤣  

リニューアル

2020-05-20T18:46:07+00:002020/05/20|未分類|

皆様、こんにちは!(^^)! 水曜日担当の喜舎場です🤩 皆様~!お元気でしたか~❣ コロナウィルスの緊急事態宣言を受けてイーズも皆様も休館を余儀なくされて 心身共にストレス全開の状態だと思います😭 5月14日に緊急事態宣言解除を受けついに!ついに!15日よりイーズオープンを迎えました👍 何と!休館してる間にイーズはリニューアル致しました~~!(^^)! 逆に『これでいいのだ!』という事で皆様には満足頂いており、誠にありがとうございます😃 最短オープンが21日とばかり思っていましたところ、15日に早まったためにプール施設の ジャグジーやスチームサウナ等の機械の慣らし運転がうまく行き届かなくご不憫をおかけいたしております。 大変、申し訳ありません😣   久しぶりに元気なお姿の皆様と再会できて安心と同時にまたエネルギーをチャージできる喜びでいっぱいです!(^^)!   まだまだ、油断は禁物ですね!イーズでも更に3密を避け、手洗い・消毒の徹底!!を強化しながら皆様のサポート を頑張っていきます!(^^)! イーズ会員の皆様にも何かとコロナに関しての注意事項や制限等があります。どうかご協力お願い致します。   〇館内出入りはマスク着用をお願いします! 〇フロントにて検温をお願いします。37,5度以上の方は入館をお控え下さい。 〇3密を避けて私語をお控え下さい。   完全終息までもう少しです!各自の自覚と意識のご協力お願い致します!!

宣言解除の沖縄

2020-05-16T14:55:21+00:002020/05/16|沖縄スポーツクラブ|

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が39県で約1カ月ぶりに解除されて最初の週末となりました。 沖縄県をはじめ、全国的に営業を再開した大型商業施設や飲食店、観光施設などには人の流れが少しずつ戻り始めました。沖縄県内も急に交通量が増えたような気がします。 こんにちは、スポーツクラブ・イーズのまちゃあきです。 ようやく動けるようになったという安堵と感染拡大の第2波に対する不安も拭えず、気持ちが良い再スタートとまでは至っていないようですね。 もう以前と同じような生活が戻ることなく、新しい生活スタイルを確立していかなくてはなりませんね。 マスクしたり消毒したり、三密回避したりを今後も常に意識していかなければならない世の中になってしまったので最初のうちは住みずらい世の中になってしまったと感じてしまいますが、これが当たり前のようにこなせるように人間は順応していくものだと思います。 今回のコロナウィルス問題を受けて様々な企業が転換期を迎えたように思えます。 テレワーク然り、時間差通勤や時短営業や店舗縮小等々、コロナ前にはなかった取り組みが行われています。 今まで当たり前のようにやってきたことが日本の働き方が見直されるきっかけとなったことは確かです。 SNS大手ツイッター社は、新型コロナウイルス対策として導入した在宅勤務を、「永遠に」認める方針を明らかにしました。米サンフランシスコに本社を置くツイッター社の、全世界の従業員は4000人超。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月初旬から従業員が在宅勤務しておりましたが、この自宅勤務の試みが成功していることから、業務が許すならこの体制を継続する見通しだそうです。オフィス再開後に出勤を希望するスタッフには、出社を認めるという。 米テクノロジー大手のフェイスブックとグーグルも先に、 現在の在宅勤務の態勢を今年末まで続ける と発表しました。ツイッター社のこの決断は「時代の転換点になる」と指摘する専門家もいます。 日本も首都圏のIT企業を中心に今後もしばらく在宅勤務(テレワーク)を推進していく流れになってきているそうです。 時代は常に何か大きな負の出来事をきっかけに大きく変わりながら前進していくものだと思います。 いつまでも昔の考え方に固執しているとどんどん置いてかれてしまうのでしょうか。。。 今回のコロナ自粛により色々とゆっくり今後の進路や目標について考える時間が作れた人も多いのではないでしょうか。 企業だけではなく、一人ひとりの個人も大きな転換期にきているのかもしれませんね。 スポーツクラブ・イーズも新型コロナウイルス感染予防対策を徹底して行い、営業を再開しております。 来館時のアルコール消毒液の利用や検温にご協力お願いいたします。 安全・安心にトレーニングに励んで頂くための環境づくりに努めてまいります。