ダイビング沖縄

/ダイビング沖縄

日本人は意外と休んでる

2019-06-29T13:34:19+00:002019/06/29|セルフマネージメント, ダイビング沖縄, トレーニング, 沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ|

本日、沖縄気象台が「沖縄地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました◎ 昨年より6日遅い梅雨明けだそうです。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。   先日は嘉手納の水釜にて体験ダイビング実施 このポイントは日本人のダイバーは少なく、アメリカ人のバディダイビングが多い感じです。 ハードコーラル、ソフトコーラル共に良く育ち、魚影も濃い。 リーフの切れ目が無数にあって入り組んでいます。 砂辺のダイビングポイントよりも空いているので個人的には好きなポイントです。 こんな感じのプチ洞窟がいくつかあります。水深もあまり深くなくて比較的初心者でも安心のポイントです。 梅雨もあけて、職種によっては8月のお盆シーズンの繁忙期は避け、7月から夏季休暇をとる人もいるのではないでしょうか(内地の場合ですが)。または遅らせて9月に夏休みという人もいると思います。7月末〜8月末の夏休みシーズンは国内も海外も飛行機もホテルも高騰しますので。 しかし日本の社会人の夏季休暇は他国と比べると短いと言われています。 オーストラリアやヨーロッパは一般のサラリーマンで夏季休暇は平均30日くらいです。(もちろんただ休むのではなく、自己のスキルアップのために留学したり資格を取りにいったりします。) 昔から日本人は全然休まないとされていますが、以外とそうでもないようです。 実は日本は世界一祝日が多い国とされています。 圧倒的です。 有給の消化率も合わせても 世界で6番目に休んでいるそうです。 日本人は米国よりも休んでいます。米国の人は、朝6時から出社して、夕方には帰宅するという人が結構います。自分の力で自分のライフスタイルをマネジメントしています。 1年間にある土日休みや祝日、年末休暇などを合計した日は120日前後です。 日本人は年間365日のうち、実は3分の1は休んでいるのですw 休みの日に何をするかが大事ですね。 これを活かしている人、活かせない人。 1年間で雲泥の差になります。

シーズンに入りました。

2019-06-15T13:37:14+00:002019/06/15|ダイビング沖縄, トレーニング, フィットネス|

またまたノーサーフな日々が続いております。風も南から西から、たまに北東吹いたりでよくわかりません。。。 沖縄のマリン関連事業はシーズン突入しました。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 先週末は他ショップのヘルプで慶良間諸島で最も東側にあるチービシ環礁へ 那覇の三重城港から高速船で20分程度で行けるポイントで、チービシは神山島、クエフ島、ナガンヌ島の3島からなります。 今回はそのうちのナガンヌ島沖のポイントでエントリーしました。 この日は中国からのゲストお二人をガイド。 この日の透明度は良好で流れもなく良いコンディションでした◎ 水深はMAXでも12m程度で、ソフトコーラルと白い砂地が広がっています。 ナガンヌ沖は夏はカメが多く見れるポイントですが、この日は見れず。 本島のビーチポイントと比べるとやはり慶良間は格別に違います◎ 那覇から船で片道20分というのも半日プランで行って帰ってこれるのも魅力的だと思います。 本島から一番近い慶良間ポイントです。 ボートでのダイビングは重い器材を背負って歩く必要がなく楽にエントリーできますが、ある程度経験がないといきなり足がつかない環境で、しかもいきなり深いのでパニックになる方もたまにいらっしゃいます。 もちろんまずは水面で慣らしながら徐々に深場へ行きますが、波が高かったり流れが強い時はなる早で潜っていかないとどんどん流されたりするのである程度のスキル(耳抜きのスピードや潜降スキル)が必要の場合もあります。 初心者やブランクダイバーは浜辺から歩いて海に入っていくビーチエントリーがおすすめです。 最初は足が着いた状態で歩いて海に入っていくので安心です。 しかし、重い器材(20kg〜30kg)を背負って足場の悪い所を慎重に歩いていかなけらばならないので、僧帽筋が悲鳴をあげるかもしれません。でも水中に入れば浮力で軽くなるので◎ 沖縄はダイビングとシュノーケルの繁忙期が間もなくやってきます。 でもやっぱり私はサーフィンの方が好きです。  

西海岸ダイビング

2019-04-27T14:46:30+00:002019/04/27|ダイビング沖縄, トレーニング, 沖縄スポーツクラブ, 筋トレ|

最近の沖縄は穏やかな小波ばかりでノーサーフな日々が続いております。 こんにちは。スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 先日は今季初ダイブしてきました。 沖縄に移住してきた写真家ダイバーをガイドしてきました◎ ポイントは砂辺のカリフォルニアサイド 普段は海面でサーフィンしているポイントですが久々に水中からの景色を見ることができました。 下の地形を理解すれば波の割れ方がわかるような気がしますが実際に海上と海中の景色をリンクさせるのは至難の業です。 沖縄ではあまり珍しくはないですが内地のダイバーからするとちょっとレアなウミヘビだということです。 向こうから襲ってくることはめったにありませんが一応沖縄の危険水中生物とされています。(毒あり) 砂辺のポイントは水深5m~8mくらいの場所にカラフルなキャベツ珊瑚などのコーラルリーフエリアが存在するので浅場の方が楽しめるポイントです。 この日は曇りだったのであまり色が映えていませんでしたが、太陽の光が入る10m以下の水深がおすすめです◎ これから夏の沖縄は基本ダイビングシーズンに入り、台風が来たらサーフィンをするという生活になっていきそうです。 また、海の事故で亡くなる人が多い季節となってきました。 先日も台湾人ダイバーが砂辺から流されて遭難したそうです。(無事海保に救助されたとのこと) 皆さん海の事故にはくれぐれも気を付けましょう。 自分の力量を過信せず常に謙虚で控えめに遊ぶことが大切だと思います。 海は無情なので。