トレーニング

/トレーニング

アメリカナイズはかっこいいのか

2019-04-13T14:21:00+00:002019/04/13|トレーニング, フィットネス, 沖縄スポーツクラブ, 筋トレ|

かれこれ1ヵ月くらい海に入っていません。 北うねりの時期ももう終わってしまいます。 スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 最近アメリカのフィットネス事情やトレンドについて調べてみました。 フィットネス大国アメリカはとにかく筋トレだけにフォーカスしたガレージスタイルのジムや音楽と融合したエンターテイメント系ジムが流行っているそうです。 ハードコア・ガレージスタイルのジムというとイメージはこんな感じ。 ジムの内装にお金をかけず、倉庫みたいな広い空間に筋トレマシンやバーベル等を置いてあるだけのジム。 空調がないようなガレージジムもあるそうです。 ジムにお洒落さは不要とういう感じのジムですね。天井の石膏ボードなんかいらねえよみたいな。 こういったジムには普通の体型の人がいないらしいです。。。 お喋り一切なしで余計なサービス無で黙々とやるスタイルのジムがアメリカのハードコア層には人気のようです。   続いてエンターテイメント大国でもあるアメリカではフィットネスがこんな感じになってしまいます。 光、音楽、スピードを交えた、サーキット系トレーニングを提供しているPRAMA。 壁と床に描かれた文字をタッチしてで、設定によって様々なタイプのワークアウトに対応し、500種類以上のトレーニングのパターンがあって、運動をあまりしない方や初心者から、アスリートやフィットネス上級者まで、それぞれのレベルにあったトレーニングが可能だそうです。 日本では渋谷のティップ・クロス TOKYO 渋谷でこのシステムが導入されているそう。PRAMAのように、テクノロジーをふんだんに利用した新しいスタイルのトレーニングシステムは、これからどんどん進化しそうです。 もうなんだかよくわかりません。アメリカ人の考えることは斬新です。でもなんとなくアメリカからきたフィットネスだから良さそうだとかかっこよさそうだと言って日本でもそれなりに流行っちゃいます。 一般的にも、アメリカはフィットネス先進国で運動へのモチベーションが高い人が多い、というイメージが強いと思います。でもその一方で、世界有数の肥満大国としても知られています。 一体どっちがホントなのか。 日本人は「アメリカナイズされること=かっこいい、トレンド」と思いがちです。 でも全てが良いわけはなくて、良し悪しは自分でしっかり意識して見分けられるようになりたい。 これはアメリカに対するイメージに限ったことではないけど、日本初輸入、日本初出店、ニューヨークで大ブレークとか見ると、一瞬で心が踊らされる人が多いように見えます。  

昭和の根性論と令和時代

2019-04-06T18:54:02+00:002019/04/06|トレーニング, 沖縄スポーツクラブ|

元号が平成から令和に変わりました。 イーズのPCではまだ『令和』という漢字変換がでてきません。 こんばんは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 時代の流れと共にトレーニング方法や理論は大きく変わってきているように感じます。 毎年斬新なエクササイズプログラムがリリースされたり、その年のトレンドなんていうのもあります。 昭和の時代はヨガがまさかここまで広く一般的なエクササイズ項目になるとは思いもしなかったのではないでしょうか。 平成初期ではヨガといえばダルシムしか思い浮かばなかったですが、今となってはダルシムって何?って若い子たちから言われてしまう時代です。 体幹トレーニングも昔はあまり取り上げられることもなかったですが、今となっては書店に数多くの体幹トレーニング本が置いてありますし、インストラクターがハイテンションにエクサを誘導する米国発祥のクラブ系エクササイズ『ペトロン』なんて昭和の時代にやったらただのディスコになっていたに違いないし。。。。 自然と時代に合ったエクササイズというものが毎年生まれています。というか時代に合っていないものは流行らないとということでしょう。 昭和の根性論も今やパワハラという言葉に変換されました。水は飲まずグラウンドをひたすらうさぎ跳びで回るあの根性=美学であったり、先生や監督にぼこぼこに殴られても親が出てきて「先生、うちの子をもっとやっちゃって下さい」と学校に厳しい教育を求める親の視点も今では180度変わりました。 青春の1ページ的な根性論のトレーニングや教育は今や衰退というか消滅に向かっているように見えます。 スクールウォーズの山下真司の愛の鉄拳やろくでなしブルースの井岡みたいな奴は現代では動画撮られてツイッターにあげられて、散々叩かれて終わりです。 110225_1529~01 昭和、平成、令和ときましたが、エクササイズやメンタルトレーニングの手技や理論は少しずつ変わっていったものもあれば、ある日突然見なくなったものなど、常に変遷していることがわかります。 この令和という時代は今は想像もできないようなエクササイズや今まで大して注目されていなかったものが急激に流行ったりすることでしょう。 その時々の時代に合ったやり方や考え方を模索しながらトレーニングの指導ができるように日々アップデートしていきたいと思います。 個人的には時代遅れの根性論や精神の鍛練などは嫌いではないですが、そういった古い理論は自分の中だけに留めときたいと思います。   昭和トレンドワード ⇒「水飲むな!」「うさぎ跳びしろ!」「筋トレは動きが鈍る!」「毎日ハードトレーニングをして休むな!」 うーん、逆にこれが流行ってくる時代がまたくるかも・・・    

ラットプルマシーン/前か後ろか

2019-03-30T15:58:20+00:002019/03/30|トレーニング, 沖縄スポーツクラブ, 筋トレ, 背中トレーニング|

本日未明、某駐車場にてあるブツの引き渡しがありました。 今年の夏は更に充実したサーフィンライフを送っていただきたいです◎ もちろん安全第一ですが◎ こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 スポーツクラブイーズでは多種多様な筋トレマシーンやウェイトを完備しております。 今回は数ある器具の中でも動作が比較的難しいといわれるラットプルマシーンについて。 ラットプルマシーンはどこのジムにも置いてある定番のトレーニングマシンです。 広背筋を鍛えるのにとても有効なマシンで、懸垂が出来ないという方でも無理のない負荷から始めることが出来ます。 ただ、バーを下ろす位置は顔の前なのか後ろなのか、どちらが正しいのかという疑問を抱く人もいらっしゃると思います。 スポーツクラブイーズではビハインドラットプル(顔の後ろにバーをもってくる)をやっている方が多い気がします。 フィットネス大国アメリカのトレーニング専門誌が行ったEMG(筋電図)を使った筋動員率の調査や解剖学的に見ていくとフロントで行ったほうが効果の面でも安全面でも優れているという結果がでたそうです。 効果の面で言うとビハインドネックにして首を前に曲げると、どうしても背骨が丸まり、広背筋の作用が抑えられてしまいます。 また、背骨が丸まると肩甲骨が寄りにくくなり、僧帽筋中下部にも効きづらくなるようです。ビハインドネックはフロントネックに比べ三角筋(後部)、大円筋への刺激が増えると考えられているそうです。 安全面から見ると、肩関節の外転と外旋が同時に起こると、ローテーターカフに対して非常に強いストレスがかかり、腱炎や痛みなどの傷害を起こしやすくなるとされています。 肩関節への負荷が強いという面でも、ビハインドネックでのラットプルダウンは推奨されないということになります。 また、ビハインドネックは首を屈曲することにより、僧帽筋が伸びているにも関わらず、それに反発するように、背中部の筋肉の収縮が起こるので、首の付け根あたりのケガのリスクが高まってしまうので注意が必要になります。 さらに、フロントネックに比べ、可動域が狭く、扱える重量が少なくなるので、同じような感覚でやってしまうと肩関節も痛めやすいと言われています。 というわけで、ラットプルダウンは顔の前側で行うべきであるという意見が多数あるということがわかります。 もちろんビハインドネックでいつもと違った刺激や、微妙に違う筋肉を意識したいという意見もあるので一概に絶対にビハインドとは言えないのですが、背中のトレーニングは他にもたくさんある中、わざわざリスクの高い種目を選択する必要は無いのかなぁと最近思うようになりました。          

イチローの引退と会見での言葉

2019-03-23T14:10:04+00:002019/03/23|セルフマネージメント, トレーニング, 沖縄スポーツクラブ, 筋トレ|

メジャーリーガーのイチローの引退が日本のみならず世界中で話題になっています。 ついにこの日が来てしまったか。。。という感じです。 現役中に実際にシアトルに行って見てみたいと思っていましたが、叶わず。アメリカに行く目的が一つ消えました。。。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。   先日、メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が、東京ドームでの試合後に会見を開き、引退を発表しました。 約1時間20分に及ぶ引退記者会見の中ではイチローらしい考え方や生き方を表す言葉や表現がたくさん詰まってました。 現在ジムに通って自分を鍛えてる人や、これから自分を変えるためにジムに通おうかなと考えている方にもイチロー選手の考え方はとてもリンクする部分が多いと思います。 イチロー選手は今回の引退会見の中で『人よりも頑張ってきた』とはとても言えないし、そんなことはまったくないですけど、『自分なりに頑張ってきた』ということはハッキリ言えるので、『重ねることでしか、後悔を生まないということはできないのではないか』と思います」 とコメントしました。 「人より頑張ってきたとは言えない」。どちらのコメントも、「イチロー選手がいかに他人と比べず、自分の仕事に集中していたか」を物語っています。 ジムでのトレーニングでもついつい他人の目を気にしたり、常に他人と比べて自分に合った適切なトレーニングができないという方もいると思います。 まずは他人のことは気にせず、自分自身で決めたトレーニングを行い、自己基準や目的を達成させることが大切だと思います。 また、記者の質問で「生きざまでファンの方に伝えられたことは?」と聞かれたイチロー選手は、「生きざまでというのはよくわかりませんが、“生き方”と考えるならば、あくまで“はかり”は自分の中にあって、『自分なりに“はかり”を使って限界を見ながら、ちょっと超えていく』ということを繰り返していく。そうすると、『いつの日からか、こんな自分になっているんだ』という状態になって。だから少しずつの積み重ねでしか自分を超えていけないと思うんですよね」とコメントしました。 自分の”はかり”や”基準”を信じて、こつこつ毎日限界を越えていくという考え方はジムでトレーニングしているすべての人に当てはまると思います。 そしてイチロー選手はこんなことも言っています。 「『一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて続けられない』と僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではなく、後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思いますが、自分が『やる』と決めたことを信じてやっていく。それが正解とは限らないし、間違ったことを続けてしまうこともあるんですけど、『そうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えない』という気がしています」と穏やかながら熱っぽく語りました。 人それぞれトレーニングをする目的は異なり、自分が理想とする姿も人それぞれだと思います。最短でダイエットや筋トレを成功させる広告宣伝が世の中に出回っていますが、イチローのように毎日少しずつ積み上げ、試行錯誤をくり返しながら、時には失敗し、挫折しながらそれでも『続ける』ということがトレーニングのみならず、すべてにおいて言えることだと思います。 これらのイチローの会見ででた言葉から読み取れるのは、「基準は他人ではなく自分の心の中にある」ことに加えて、「自分の限界をちょっと超える」「それを地道に続ける」「後退や遠回りもする」「一気に高みを目指しても継続しない」という進化のプロセスを表していると思います。 今トレーニングがマンネリしている人やこれからトレーニングやダイエットを始めたいけれどなかなかスタートがきれない方は世界の第一線で活躍しているスポーツ選手の考え方や理念を取り入れることでトレーニングとの向き合い方も変わってくると思います。 以下も会見中にでたイチローの発言です。 『最低50歳まで』と本当に思っていました。それはかなわず有言不実行の男になってしまいましたけど、『その表現をしてこなかったら、ここまでできなかったかな』という思いもあります。だから難しいかもしれませんが、『言葉にして表現することは、目標に近づく1つの方法ではないか』 「できなかったときのことを考えて身動きが取れない」「周囲から叱咤激励されにくくなる」ことを踏まえ、周囲に公言することで、自らプレッシャーをかけて頑張れるという人もいると思います(これに関しては違うタイプの方もいると思います) イチロー選手は「プロで成功したことは?」という質問に対して「『成功かどうか』はよくわからないですし、まったく僕には判断ができません。だから僕は成功という言葉が嫌いなんですけど。『メジャーリーグに挑戦する』ということは大変な勇気だと思いますが、『成功すると思うからやってみたい、それができないと思うから行かない』という判断基準では後悔を生みますし、やってみたいなら挑戦すればいい。そのときにどんな結果が出ようとも後悔はないし、基本的にはやりたいと思ったことに向かっていったほうがいいですよね」 “成功”という言葉に振り回されるのではなく、「挑戦するかしないか」「後悔するかしないか」という観点で行動し、自分の心と向き合うことに徹することが大切だと思います。 では皆さんこれからもイーズと一緒にこつこつトレーニングを積み重ねていきましょう☆

頑張りましょう!

2019-03-18T16:33:45+00:002019/03/18|スタッフブログ, トレーニング, 沖縄スポーツクラブ|

こんにちは‼ 今週もやってきました週の始まり😆 また気温が下がったり上がったりしてますね😭 体調管理に気を付けて下さいね‼‼       話は180度変わりますが、 最近イーズに入会した会員さんが 以前は動くたんびに膝に痛みがあったみたいで、 結構痛かったとのこと😭   イーズに入ってトレーニングを始めたら その膝の痛みが全く無くなったと お話ししてくれました👏😆   いつも一生懸命 トレーニングしてる姿をみてるので これからも頑張ってほしいです💪       イーズでは、会員さんの希望で スタッフがメニュー作成したり、 マシンの使い方やトレーニング指導をしたり、 ストレッチサポートをしたりすることができます‼ 予約制ではありますが、 気軽にスタッフに声掛けしてくださいね😄       ジムに通おうか迷ってる方、、、 ただ今、キャンペーンも行ってるので 見学やお問合せお待ちしております😆       では今週もトレーニング頑張りましょう💪 イーズで待ってます❤