有酸素運動

/有酸素運動

ウルトラマラソンのイシカワさん

2019-07-06T18:21:07+00:002019/07/06|トレーニング, フィットネス, マラソン, ランニング, 有酸素運動|

風の影響でジャンクなコンディションが続いております。 そろそろ台風シーズンのため、溺れないように持久力強化に取り組まないとですね。 スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 ここ1、2年は筋トレメインで有酸素は控えめでしたが、さすがに肺活量を鍛えないと台風スウェルがきた時はやばいので、有酸素トレーニングを再始動。 ブランクがあるので30分走っただけでもなんか長いなと感じています。 ということで先日、あるテレビ番組でウルトラマラソンの世界王者である石川石川佳彦(いしかわ よしひこ)さんについてやっていたので少し紹介します。 イシカワさんはレース距離が250km以上という 『24時間マラソン』で数多くの優勝記録を保持し世界最難関のレースも制覇したというスゴイ人です。 どれだけ長時間走っても全然疲れない、という特殊能力の持ち主です。 学生時代の石川さんは、最初は3000メートル障害の選手として走っていましたが、いまいちな成績だったそうです。 社会人になってからも、せいぜいエントリーするのはフルマラソン(42.195キロ)。 成績はまあまあで、オリンピックなどに出場できるほどの速さはなかったそうです。 ところが、ある時、無限に走り続けることができることに気づきます。 石川選手は42.195kmを超えてから本領を発揮できることに気づき、その後は100kmマラソンや24時間耐久レースなどに参加して国内問わず海外のレースでも全勝だったそうです。 そして、2018年には246キロを走る、ギリシャの「スパルタスロン」で優勝、世界王者に。石川さんは、ギリシャでは「英雄」だそうです。 30分走って長いと感じてる自分が恥ずかしいです。 もし石川選手が、フルマラソンの選手だったら、おそらくそこそこのランナーで終わっていたかもしれません。(実際に勝てなかったので) 大抵の人はもしかしたら自分の適性を分かっていないのかもしれません。 適性の無い種目で戦ったり仕事にしたりしているかもしれません。 自分の持ち味を発揮できる場所を、探しだせるのはすごいラッキーなことだと思います。  

筋トレと有酸素運動

2019-06-08T14:51:53+00:002019/06/08|トレーニング, 有酸素運動, 沖縄スポーツクラブ, 筋トレ|

最近ノーサーフな日々が続いております。。。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 スポーツクラブイーズでは新規にご入会された方を対象に、ジムトレーナーからトレーニング器具の使用方法等の説明を受けて頂いております。 その際によくお客様から『筋トレと有酸素運動はどちらを先にやった方がいいのか』というご質問や、痩せるためにはどちらを優先的に行なえばいいか ということをよく聞かれるので今回は『有酸素運動と筋トレどっちが先』について綴ります。 ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や、無酸素運動の中でも、筋力トレーニングは、両方取り入れるといいといわれています。 筋トレ→有酸素運動の効果 ダイエットを行っている人にとっておすすめなのが、筋トレを先に行って、その後、脂肪をエネルギーとして使う有酸素運動をすることです。そして、その有酸素運動を行う前に筋トレを行うと、脂肪燃焼効果が高まるといわれているのです。 その理由は、筋トレを行うと、成長ホルモンが多く分泌されるからです。成長ホルモンは、まず筋肉の成長を促すホルモンを誘発してくれます。これにより、筋肉がより増えやすくなり、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がれば、痩せやすい身体になることができます。 また、筋肉を落とさずに脂肪を燃焼させたい人にとっても筋トレ→有酸素が良いと言われております。 筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝が高まり、運動していないときにも脂肪分解を高める効果があります。 有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪燃焼効率の促進につながります。 有酸素運動を行うタイミング 筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは筋肉や骨、皮膚を強くする作用があります。 この成長ホルモンが大量に分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中の遊離脂肪酸を燃焼します。 これは成長ホルモンが十分に分泌された状態で有酸素運動を行うことは、脂肪燃焼を狙うときにとても効果的なタイミングといえます。 有酸素運動のあとに筋トレをしたとき ウォーミングアップ程度の軽めの有酸素運動であれば影響はありませんが、息が上がるほどの長時間の有酸素運動はおすすめできません。瞬発的なトレーニングに対応できる筋肉のエネルギー(糖質)が不足している状態ではバテてしまって十分な筋トレができなくなってしまいます。十分な負荷がない状態での筋トレは効果がでずらくなってしまいます。有酸素運動をやって筋トレに必要な「糖質」が少なくなってしまい、筋トレに必要なエネルギーを出せずに効率が悪くなります。 有酸素運動にも糖質エネルギーは使いますが主には血中脂肪、体脂肪などの脂質です。 このようにもし両方やるのであれば、筋トレ後に有酸素運動をやる方が基礎代謝や成長ホルモンが高まり、脂肪燃焼に効果的というこです◎