沖縄スポーツクラブ

/沖縄スポーツクラブ

砂辺の海底ポスト

2019-08-24T14:18:40+00:002019/08/24|ダイビング沖縄, フィットネス, 沖縄スポーツクラブ|

先日は砂辺で器材チェックとコースチェックを行いました。 スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 穏やかな東の風で波ほぼなしの良いコンディションでした。 透明度は15mくらい。 午後だったので他ショップもほとんいませんでした。 砂辺No1と呼ばれているポイントには海底ポストがございます。 2016年に町海域利用事業所協力会によって設置されました。 「海底ポスト」は海岸から約60m沖、水深約5~6mの海底にあり、 投函できる耐水性のポストカードは、北谷町にあるダイビングショップ等で500円で販売していますが、自分でハガキをラミネートして投函してもOKだと思います。 ハガキは北谷町海域利用事業所協力会が週に2回ほど回収して郵便局に届けるそうです。 協会のダイバーが回収しているのがちょっと残念ですね。 ウェットスーツ着た郵便局員がバイクを海沿いにとめて、そのまま素潜りでポストカード回収したらかなりカッコ良かったのに。。。 実は海底ポストは全国にいくつかあるそうです。 有名なのは和歌山県すさみ町です。 ここまでくるとやり過ぎです。 あまり海の中に人工物を置くもんじゃないなと思います。

水難事故多発中です

2019-08-19T07:15:39+00:002019/08/17|セルフマネージメント, 沖縄スポーツクラブ|

台風10号は微妙な波を残していきました。9号と10号で全然波質が違いましたね。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 7月8月と水辺の事故が全国的に多発しております。 https://www.fnn.jp/posts/00047710HDK/201908131940_goody_HDK 台風10号が接近する中、関東、東海の海水浴場では水難事故が多発しました。 主な事故原因は高波と離岸流によるものだそうです。 普段海に行ってない人がこの夏休みシーズンやお盆の夏季休暇時期に海に押し寄せます。 普段から海に入っている人は今日は波が高いとか、今日は流れが速いとかちょっとした変化でさえわかるようになってきますが、1年に一回行くか行かないかという人は普段のベーシックな状態が分からないため、高波でもとりあえず入ってしまう人が事故に遭います。 また、海水浴場では若い元気な人たちもいるため、高波の中ではしゃいでいる姿を見ると、自分も入って大丈夫なんだなという勘違いして入ってしまうケースも多いように思えます。自分の体力や泳力、経験を分かっていない人はとりあえず周りに合わせてやってみる人が多いのですが、屈強な若者とでは安全上の比較対象はできないと私は考えます。 特に家族連れできている人が事故に遭うケースが多いように思えます。これはせっかくの連休で、渋滞にあいながらも何時間もかけて海に来たのだから多少海況が悪くても無理して入ってしまい事故に遭います。 入らない勇気を持つことが大事です。家族からのブーイングを受けるかもしれませんが、そんなこと構わず海水浴を中止することが最良の選択だと考えます。 友人同士だとなかなかかっこ悪くて止めとこうと言い出せないケースもあります。意地やプライドは捨て止めておくことをおすすめします。死んだら終わりです。両親が悲しみますので。 ビーチから沖に向かう流れに巻き込まれてしまったら、慌てず真横又は斜めに泳ぎましょう。この離岸流は一部のエリアのみ発生していますので真横に泳げば流れから抜け出せます。間違っても流れに逆らって泳がないように。 ライフセーバーも遊泳禁止にするかどうかの判断が難しいこともあります。せっかく多くのお客さんが遠方から来ているのに全面禁止にするのは心苦しいものです。なので遊泳OKにしてしまう海水浴場もあります。 不安だったらライフセーバーに色々聞いてみるか、入るならもう膝より深いとこには行かないと決めで入るかです。 余計なプライドやせっかく来たのだから入ろうマインドはやめましょう◎   今帰仁村でもダイビングの事故がありました。女性一名が亡くなりました。詳細は下記から https://ryukyushimpo.jp/news/entry-970644.html    

みなし残業制度について

2019-08-19T07:21:33+00:002019/08/10|沖縄スポーツクラブ|

台風は落ち着いてきたようです。 海上はまだ時化てます。船もまだ欠航しております。宜野湾マリーナは停泊船で混みあってました。 どのレジャー船が一番に出るかで他の船も追随してきます。 早く船を出せればそれだけお客さんを総取りできますが、でもあまり焦って出すと船が破損して結局お客さんを取り逃がすこともあります。 こんにちはスポーツクラブイーズのまちゃあきです。 昨日スポーツクラブイーズに研修に来ている専門学生と就職先の見極め方についての話になりました。 学生の就活はさぞ不安だと思います。世間ではブラック企業という言葉が頻繁に飛び交ってますし、長時間労働やパワハラなんていう言葉も最近はよく聞かれます。 しかし優良な企業の見極め方は色々とあります。 昨日の研修の学生さんも労働時間や給料に関しては結構気にしていましたので近年トレンドとなりつつある雇用契約について説明しました。 それが裁量労働制、みなし残業、見込み残業、固定残業 というものです。 色々と言い方はありますが、基本給の中に一定の残業代が含まれているとみなす制度のことを言います。 近年はこうしたみなし残業制度を導入する会社は増えてきております。 基本給20万円!(見込み残業20時間込み) 基本給35万円!(見込み残業100時間込み) このような記載をする企業は新卒、転職に関わらず非常に多いです。 基本給の額面だけ見て判断するのは危険です。実労働時間がどれくらいなのかも把握しておくべきです。 自分の月の給料と1日の労働時間から時給に換算すると驚愕な数字がでてくることもあるのでショックを受けないようにしてくださいw 概ね残業代に関する規定は以下の3パターンが基本のようです。 1、見込み残業制を導入せずしっかり残業代が支給される大企業。 2、見込み残業制であり超過分はしっかり残業代が支給されるベンチャー企業。 3、見込み残業制であるが超過分の残業代は一切支給されない企業 個人的には1の組織と3の組織には属した経験がございます。 みなし残業制度を導入している企業は8割方ブラック企業であると言わざるを得ないのは事実です。 こちらは端的に言うと実労働時間を把握することが難しい労働者、完全成果主義の労働者に対し、労使で合意した時間を1日の労働時間とする制度のことです。 例えば在宅エンジニアだったら家で何時間労働しているかなんて把握できないので、みなし労働時間を決めるわけです。コンサルタントや研究者も同じですね。外回りの営業職も同じようなことがいえます。 具体的に何時間働いているか把握できない職種に対して、一律基本給はいくらと固定して給与を支払うわけです。 ブラック企業にありがちなのはこちら。 内勤、外勤に関わらず、基本給の中に一定の残業代が含まれているとみなす制度です。 例えば例を挙げるなら、基本給20万円!(見込み残業20時間込み) みたいな会社のパターンです。見た目の基本給は20万円ですが、残業20時間を含んでの基本給20万円ですので、実質の基本給は17万円くらいだと見なければなりません。 ちなみに、法律上は見込み残業を超えたケースでは使用者は労働者に超過分の残業代を支払わなければなりません。 これを支給している企業はごく少数でしょう。 このみなし残業や固定残業代制度は一体だれが一番得をするのかといえばやはり企業です。企業の中でも経理担当者ですw 使用者は従業員の人件費を計算しやすい(固定費を把握しやすい)のです。 残業代込みの給与を一律基本給で決めてしまえば、人件費を計算しやすいので事業が非常にやりやすいんですよね。 そして、そうした企業の経営者の大半は基本給に含まれているみなし残業時間を超えた分の残業代は支払いません。 企業の経営者から見たみなし残業制度の旨味は社員の人件費を一律で把握できることなので、わざわざ超過分の残業代を支払うわけがないです。 雇う側からしたらメリットしかないのがみなし残業制度なんです… 事実、みなし残業制の元、長時間労働を強いられ自殺に追い込まれた社員なども日本には大勢います。みな、みなし残業制の被害者なのです。 とはいえ、みなし残業制度でもきっちり残業代が出る企業は存在します。 事実、私が以前勤めたベンチャー企業は20時間の固定残業が基本給に含まれておりましたが、20時間を超えた分の残業代はきっちりと支給されておりました。 固定残業制度を導入している企業の大半はブラック企業ですが、あくまでその確率が極めて高いというだけであって、中にはみなし残業時間を超えた分の残業代をきちんと支給してくれる企業もありますので、そこらへんはきちんとご理解いただければと思います。 そんな時は、人事部に確認すると同時に、その会社の社員に直接社員訪問をしたり、口コミサイトを見たりしてきちんと働いた分の残業代が支払われているかどうかを確認しておきましょう。 人事部にのみ確認すると嘘をつかれるケースもありますからねw 実際には超過分を支払うと言っておきながら、出勤簿の帰社時刻が強制的に18:00退社に書き換えられるなんて企業もあります。 そういった話は直接社員訪問をしたり、口コミサイトを見なければわからないことですので人事のお話を信じることなく事前に必ず確認しておきましょう。 そもそも世の中の市場価格や賃金の値は適当だということです。 大事なのは金額ではなくて企業の価値を見ることだと思います。 自分の価値観と合致したところに行くべきかと。 将来独立を考えているならその企業で勉強や経験を積めることができるという価値があります。しかもお金もらいながら勉強できるって最高の環境です。 要はその人の考えようによってその企業がブラックなのかブラックでないのかが決まってきます。  

今後の医療費負担

2019-08-03T17:57:49+00:002019/08/03|フィットネス, 沖縄スポーツクラブ|

来週は台風スウェル到来の予感です。 コンディションを整えておく必要があります。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 毎日暑い日が続き、体調を崩されている人が多い時期だと思われます。 なにか体調崩しそうな予感というものは必ずあります。早めに対処することで最小限に抑えるのが大切です。 頑張っている人や常に気を張っている人は喉の痛みからくるそうです。 ということで今回は日本の医療保険について少し。 日本の場合、医薬品を市販で買わず病院で処方してもらえば、それだけで大幅に安く買えます。 国が7割を負担してくれて、自分の負担は3割で済みます◎ 例えば、湿布の薬価は320円ですが、そのうち自己負担は3割の96円、 高齢者だったら1割の32円で買えます。 もちろん残りは国(税金)が負担します。 以下は日本のGDPの予想です。 2018年のGDP:560兆円 2040年のGDP:790兆円 20年で1.2倍の経済成長を見込んでいるそうです。 よく年金破綻が騒がれていますが、政府が負担する年金給付額は 2018年が56兆円、2040年が73兆円なので、1.3倍くらい増える予定。 つまりGDPの経済成長で何とか賄えるという予想です。 しかし、もっと深刻なのは、実は年金ではなく、医療と介護の給付です。 2018年と2040年を比較した場合、 医療給付費は1.7倍(39.2→68.5兆円)、 介護給付費は2.4倍(10.8→25.8兆円) にも膨らむ予定です… 高齢者はよく理由もなく病院に通って湿布や薬を処方してもらいますが、結局ほとんど使わないのに、その9割を政府が税収から負担しています。 フランスの薬剤自己負担割合は、抗がん剤などの高額医薬品は0%ですが、その他は医薬品の有効性などによって重要なものは35%自己負担ですが、不要なのに処方されたら100%自己負担です。 日本もこうした欧米のように無駄な湿布代を税金で負担するのをやめないと社会保障給付費がパンクしてしまいますね☆ 風邪をひいて病院に行くと、診療開始の30分前くらいから玄関の前で待っている人たちがいます。 毎週のように病院の先生に診療してもらって薬だけもらって帰る人もたくさんいます。 本当にきつくて這って病院に行ってみたら鬼のように待たされたりして苦痛の時間を過ごした経験は誰にでもあるでしょう。 毎日病院に行って診療代や軽微な薬代を保険料で賄っていては、どんどん税収で得た蓄えは枯渇していきます。

ドローン市場

2019-07-27T14:30:20+00:002019/07/27|ダイビング沖縄, 沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ|

フラットな日が続いております。ノーサーフです。 ダイビングにとっては良いコンディションとなっております。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 先日はナガンヌ島沖へ。 この季節はアオウミガメの産卵時期でもあり、島周辺ではよくカメが見れます◎ 友人のドローンパイロットも乗船させて慶良間の海を空撮 もはやドローン撮影サービスはは沖縄の自社船を持っているほとんどのマリンショップは導入しているそうです。 沖縄は米軍施設が多く、飛行可能区域が厳しいエリアがありますが、慶良間周辺は飛行自由です。 現在のドローンは携帯端末やタブレット端末でAPPやアンドロイドでドローンアプリをダウンロードすればどなたでもそれなりに撮影することができます。飛行可能区域もすべて自動で読み取って教えてくれるのでわざわざ調べる必要はないそうです。 Amazonやヤマトホールディングスは本格的にドローン配達の試験運用や開発をしております。 ドローンマーケットはこれから多種多様なビジネスと連動して広がっていくことでしょう。 自分はちょっとドローンに関して乗り遅れた身なので友人の技術をうまく活用していきたいと考えますw