コウモリ

/Tag: コウモリ

久々の恐怖

2020-08-01T19:22:49+00:002020/08/01|沖縄スポーツクラブ|

沖縄も一気に感染者増えてきました。 昨日、県独自の緊急事態宣言を出し、期間は8月1日から15日のようです。 まあ引き続き注意しながらうまく生活していくしかありませんね。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 先日北部に行って外を歩いてると久々に恐怖を感じました。 外国、特にフィリピンやフィジーに住んでる頃は野犬に対する恐怖を感じながら歩いていましたが、まさかこの日本でこんな恐怖を経験するなんて。 それも今回は野犬ではなく、巨大コウモリ。 コウモリってうちの地元の方(関東)だと手のひらサイズのコンパクトコウモリが夕方たくさん飛んでる印象だったのですが。。。 残念ながら写真を撮る余裕がなかったというかカメラを向けたら襲われると思ったのでその時の写真はございませんが、後でいろいろ調べたらオリイオオコウモリという種類だと思われます。 通常の小さいコウモリは超音波の反響で位置を判断し飛行するそうで、視力は退化しているようで、代わりに喉から出す音波の反響音で位置関係を把握しているという。 確かにコウモリって絶対に人にぶつからないみたいなこと昔から言われているから大丈夫だろうと思って北部の田舎道を歩いていたんですが。。。 めちゃくちゃ顔の近くを後ろから通過してきたので、え?みたいな。しかもコウモリって超雑菌だらけと聞いていたので(狂犬病などのやばい病原菌ももっているそう) しかも新型コロナもルーツはコウモリ説もあったりで超やばいイメージだったので余計恐怖感。 更にいろいろ調べたらオオコウモリは普通のコウモリと違って視力に頼って飛ぶので目が大きく耳が小さい。なので、一般に言われている「コウモリ」とは外見の特徴がけっこう違います。英語でフライングフォックス(飛ぶキツネ)と言われるくらいで、キツネなどの哺乳類に近い顔をしています。 エサは昆虫などの動物性の種類、植物の実などを食べる種類など、様々です。 沖縄のオリイオオコウモリは植物の実が主食です。フクギの木が多いところにたくさんいるのだとか。。。 確かにワルミ大橋に行く一本道は道の両サイドに木々が植えられていて、その木に特大コウモリがたくさんぶらさがっていました。 ぶらさがった時のあのでかさまじ半端ない。 どうしてもその道を通らないと帰れなかったので、、、一瞬タクシー呼ぼうか考えるくらいw 結局小走りで糞コウモリの中を低い姿勢で突破してきました。 少々長くなりましたが問題のコウモリの画像がこちらです。沖縄に生息するコウモリで私が見た奴もこんな感じでした。 沖縄生まれの人からしたらもしかしたら普通サイズなのか。。。? こんな奴らがぶらさがってる木の下を通るあの恐怖感。しょんべんと糞落とされたら病気になってたかもw 止まってるならまだしも次から次へと至近距離を飛んでくるあの恐怖。 更に色々調べたら世界にはもっとやばいコウモリがいっぱいらしい。 あのフィリピンでも特大コウモリがいたなんて。 フィリピンのオオコウモリ。まじこんなのが軒下にいたら恐怖なんですけど。。。 これまたフィリピン。野犬でもお腹いっぱいだったのに。。。 私が知ってる埼玉で飛んでるコウモリはこんな感じ 沖縄の自然恐るべし。