コロナ対策

/Tag: コロナ対策

年明け早々色々ありますね

2021-01-09T13:56:38+00:002021/01/09|トレーニング, 沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ|

明けましておめでとうございます。 昨年は大変な年でしたが今年は世の中が良くなっていくことを願います。 今年もよろしくお願い致します。 スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 寒さに負けてまだ初乗り行けてません。 年明け早々日本は感染者爆増で緊急事態宣言発出で始まり、アメリカではワシントンDCが大変なことに。 ジョージア州の上院選挙で民主党が残り2議席を獲得し、想定外のブルーウェーブ(民主党が青 で共和党は赤 であることから、共和党を飲み込む動きになぞらえて、ブルーウェーブと呼ばれているそうです)が巻き起こりました。 と同時くらいになんとワシントンDCの国会議事堂がとんでもないことになりましたね。 トランプサポーターやその他の被差別人種の市民に占拠される事件が起こりました。 壁をよじ登って侵入し、催涙ガスも登場し、しまいには死者もでました。 議事堂でこんなことが起こるのはアメリカの歴史を振り返ってもないだろうと現地メディアは伝えています。 日本では考えられませんねw 国会議事堂を国民が占拠するなんてw というかこんなの政情不安の中東とかアフリカ、発展途上国で起こるならまだ分かりますが、世界一の経済大国アメリカ合衆国で起こったことには驚きです。 現地の友人に聞くとこういった騒動は選挙以来常に起こっているそうです。日本では報道されていなかっただけのようです。やはり今は本当にコロナコロナの世の中になってしまったので周りで起こっているコロナ以外の話題がなかなか伝わりにくくなっていることは確かだと思いました。 なんとか議事堂の騒動は治まったようですが、今のアメリカの脆弱さが世界に露呈されてしまいましたね。 まあそんな混乱の中でも株価爆上げ、金利高騰ですがw 普通なら政情不安の国の株や通貨は売られるはずなんですけどね。。。今の世界の市場は何かがおかしいですねw もうバブルですね。日本の株価も上がり続けてます。緊急事態宣言上げですね◎感染者が増えれば増えるほど株価が上がっていくという皮肉。 飲食店や航空業界、旅行業界等の実体経済はこれから更に悪化していくにもかかわらず。 とにかく年初から話題が多すぎてよく分からなくなっていますがとりあえず日本が緊急事態宣言出したのと、アメリカが壮絶に荒れていること、日米の雇用統計は最悪だけどハイパーリリスクな資産が上がっているし、アリババのジャックマーが行方不明だし、なんか今年も先が思いやられますが、個人はいいとこ取り相場を利用して柔軟に対応していかなければならないと思います。 相場は勝てば官軍です。 今年も良い波と良い相場、良い実業に乗れるように日々勉強と鍛錬あるのみです。 今年もよろしくお願いします。        

県内飲食店時短要請へ

2020-12-19T13:41:14+00:002020/12/19|沖縄スポーツクラブ|

今週は寒すぎる1週間でしたね。寒さと良い波は引き換えなんでしょうか。。。 そろそろ今年の波乗り納めかな。。。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 最近はまたコロナコロナニュースばかりでメディアは不安を煽りまくってますね。 沖縄県は那覇市と浦添市、沖縄市の飲食店の営業を22時までと協力要請しました。協力金の恩恵を受けれる店舗は休業ウェルカムでしょうけど規模の大きい店舗はなかなか厳しいのではないでしょうか。 宜野湾市が対象外というのも宜野湾市内の個人経営の居酒屋等からしたら休んで協力金貰いたいでしょうね。。。 というか夜22時以降は人々が宜野湾に流れそうな気がして宜野湾市内の感染者数が上がるかもしれませんね。 日本だけではなくアメリカもかなりやばいそうですね。 ニューヨークではコロナウィルス対策としてレストラン内で食べることが禁じられています。上の写真のように雪の中での食事ですw 狂ってますね。 米国のレストラン協会によると、約11万のレストランが今年潰れ、これは全体の6分の1に相当するそうです。 倒産したレストランの17%は平均で16年の営業歴があり、この16%のレストランの中には平均で30年の営業歴があるとか。 日本とは比較にならないほど恐ろしい数字ですね。 トランプ大統領はモデルナのワクチンすぐに配布と言っていますが、現段階では米国一般人にワクチンが普及するのは21年5月くらいになるといわれていますが、ワクチンの許可と生産量が増えることによって日本も早まればいいなと思います。 それとコロナ以外にも不穏な動きがあり、噂になっています。 ある国々が原油を買い占めて原油の価格が上がり続けているのと、暗号通貨(仮想通貨)ビットコインが爆上げ、そして軍事・防衛関連の株が買われて上がってきています。 これはどこかで戦争や紛争が始まる前に起こりうる現象だそうです。 まああくまでも噂ですが。 最近の沖縄の嘉手納発着の戦闘機の訓練や昨夜のイーズの上をずっと飛んでいたオスプレイの夜間訓練からも、何か不穏な動きが我々の知らない水面下で起きているのかもしれませんね。 まああくまでも噂ですが。

情報伝達の今と昔

2020-10-17T14:46:46+00:002020/10/17|沖縄スポーツクラブ|

あまり騒いで報道されなくなってきましたが、沖縄県内もまたコロナが増えてきたようですね。 知り合いの職場の関係者が感染したとかいう近くも遠くもない所に感染者が出てきているように感じます。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 それでもヨーロッパやアメリカの第二波に比べたら日本の感染者は全然少ないようですね。 日本がGo Toトラベルをやってもそれほどコロナが流行しないのを見ると、やはり生活習慣の違いなのではないでしょうか。 欧米はレストランで手拭きやおしぼりが出るところは少ないようですし、手も洗わずピザ食べてる人も結構いるそうです。日本人はご飯前、特に手で掴んで食べるようなシーンでは必ず手を洗う習慣がありますので。 子供の頃からの家庭教育の違いなのでしょうかね。 あとは靴を履いたまま部屋に入り、そのままソファーやベッドにジャンプインするのも欧米ならでは。 そしてシャワーは寝る前よりも朝派が多いのも関係しているのでしょうか。 日本人は大体は仕事終わって帰宅したらお風呂に入って就寝という生活スタイルが普通ですが、他国はそうでもないようです。外で浴びてきた色々な菌をその日のうちに洗い流すというのも感染予防に実は役立っているのかもしれませんね。 あと帰宅後の手洗いうがいについても、圧倒的に欧米では普段からやっている人が少ないとも言われております。 結果的に日本人がやっている習慣が爆発的な流行を生まずに耐えていけてる要因のような気がします。 それでも過去に流行ったペストやスペイン風邪をはじめとする新興感染症に比べたらインターネットが世界中に普及した今、コロナに関するいろいろな情報がタイムラグなく、世界中に伝わっていることを考えると昔は本当に大変だったんさろうなと思います。 死者も今と比べ物にならないですし、そんな感染症があるのかも一般の市民は知らずに感染していたことだってあるだろうし。 今は優良な情報がスピーディーに誰にでも行き渡る時代です。 情報を制する者はすべてを制すると言われているくらいw 今と昔の情報伝達スピードに関して面白い統計というか研究結果があります。 今私たちがテレビやネットで1日で触れられる情報量は平安時代の人が一生かけて得る情報量と同じだということ。 人間の脳のサイズは何も変わってないので、これは情報のスピードが変わったということです。 情報弱者にならないように常にアンテナをはり、情報を自ら取りに行く姿勢が大切ですね☆

マンハッタンの今は

2020-09-26T13:49:19+00:002020/09/26|沖縄ジム, 沖縄スポーツクラブ|

若干涼しくなってきたような気がします。 北寄りの風が増え、もうそろそろ砂辺の季節になってきそうですね。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 さて、先日NYに住む友人と久々に連絡をとり、マンハッタンの状況を聞きましたが、マンハッタンはだいぶ人が戻ってきたようです。 しかしオフィス街は変わらず閑散としており、建設関係の人が戻ってきているだけで、観光客はほとんどいないとか。コロナ前から高層アパートやオフィスビルの工事が多かったようですが、本当に人が入るのか心配してました。 投資用不動産においては東京も同じような感じなんでしょうね。 頼みの綱は来年のオリンピックですね。頼むから開催してちょーだいって感じです。別に買う予定はございませんがw また、アメリカは次の財政支援についての議論が注目されているようです。 民主党は2.2兆ドルの財政支援を要求しているのに対し、共和党は5千億案を提出。 なかなか溝が埋まらないという感じですね。 トランプ大統領にとっては難しい駆け引きだと言われています。 民主党に合わせて2.2兆ドル財政支援としてばらまけば確実に株価は上がってトランプさんも大喜びなはずですが、各州への支援にも使われるとなると民主党を支持する州民が増えるてしまう可能性もあるので。 妥協ラインは1.5兆円と言われていますが、これを超える額ならば株価はV字回復するでしょうね。 9月から米国株は調整の為でもありますが急落しております。 今は落ちたナイフを誰もつかみたくない雰囲気なので、何か一発このへんでサプライズ出してほしいですね。 でもやっぱり日本もアメリカも最終的には国民が求めているものにフォーカスして頂きたいですが。 選挙の為とか支持率の為とか考えるとどんどん歪んできますので。 今年はコロナに翻弄された年になっていますが、2020年残り3カ月くらいはHAPPYな話題がたくさん出てきてほしいものですね。 では皆さん良い週末を☆

NYのコロナ経済対策と日本

2020-09-19T13:13:36+00:002020/09/19|沖縄スポーツクラブ|

一瞬涼しくなったと思いきやかなり蒸し暑い日々が続いております。 熱中症対策とコロナ対策を心掛けたいと思います。 こんにちはスポーツクラブイーズのまちゃあきです。 コロナ対策といえば先日ニューヨーク市議会が飲食店に対し一時的に追加料金を請求することを許可する法案が可決されたようですね。 新法では最大10%のコロナチャージをすることができるとの事。 割引き割引き思考の日本の政策とは真逆の政策なところが面白いですね。 国民性によってやはり国ごとのやり方は異なるようです。アメリカ人といえばやはり購買力が高い消費(浪費)国家なので、あまりコロナを気にしすぎず、全然外食する人が多いのかもしれませんね。そういう人たちに対して10%チャージ、そして10%払ってでも全然外食するわっていう人も大勢いるからできる政策なのかもしれませんね。 一方日本人は普段から貯金思考の強い人種なので、ただでさえ購買力が弱い非消費国家が更にこのコロナで増々消費しなくなってしまったがために、割引きしまくって何とかみんなに買ってもらおう、旅行してもらおうという流れになるのは必然的な事のようにも思えますね。 アメリカと日本の国民性は大きく違うんだなと再認識しました。 ニューヨーク州のやり方を日本でやったらみんな10%も追加で払うなら外食は控えようという思考になるだろうし、逆に日本のやり方をニューヨークでやったら安いからっていって店に殺到して感染拡大や、企業や国の経済にもダメージを与えてうまくいかなくなる可能性だってあるし。 やはりその地域に応じたやり方というのが大事なのかもしれませんね。沖縄は沖縄の適したやり方があるだろうし、A企業にはA企業のやり方、それぞれお客さんの年齢層や属性の違いなどもあると思うので、集まる人の特性を理解してそれに合ったサービスや対策をやっていくことが必要なんだなと、今回の各国のコロナ経済対策を比較してみて勉強することができました。 皆さんも自分に適したトレーニングや計画を立てることによって効果も期待できると思います☆