フィットネス

/Tag: フィットネス

土曜日営業再開!

2021-09-25T13:02:32+00:002021/09/25|フィットネス, 沖縄スポーツクラブ|

本日は久々の土曜日営業となりました。 お久しぶりです。スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 沖縄県は9月末を期限とする緊急事態宣言による制限の一部緩和を決めました。 分散登校としていた県立学校は、27日(月)から原則として通常登校に戻し、大型商業施設に対する土日の休業要請も解除し、今週末は午前5時から午後8時までの時短営業の要請に切り替えるそうです。 こちらスポーツクラブイーズは本日から土曜日の営業を再開致します。 10月以降の営業時間についてはまだ未定となっております。   さて、新型コロナウイルス感染者が全国的に急減しましたね。 ワクチン効果もあるとは思いますがこの1週間でここまで減るとはという感じでしたね。 個人的には色々と動くなら10月、11月でやっておくのがいいかなと思います。 きっと12月以降はまた増加して、蔓延防止やら緊急事態宣言やらでてくるかもしれないので、減少している今こそ動き回る時期だと思います。 さすがに海外はまだ行けませんが、国内ならガンガン飛び回れそうですね。 もちろん感染予防や事前の調査は必要だとは思いますが、リスク0というのは夢物語だと思いますので。 人々はコロナに関してはリスクに対して大変臆病になっています。特にリスクをあまり取りたがらない安定志向が強い日本人は欧米人に比べてかなり慎重派だと思います。アメリカやヨーロッパはほぼ全面再開しておりますので、日本の出遅れ感はそういった国民性からきているのかなぁとさえ思います。 しかし、リスクを取ることを恐れる国民性が現在の感染者減や厳格なロックダウンをしないでここまで感染者や重症者を抑え込めたことに繋がっているとも考えられますね。 まあリスクという言葉は金融業界では振れ幅のことを言うのですが、購入した株や債券が上がることもあれば下がることもあってその振れ幅がでかければでかいほどリスクが高い。振れ幅が小さくて下がったとしても大したことがないけど上がったとしても対して上がらないような銘柄をリスクが小さいと言います。 皆さんが海外旅行に行くのも同じことが言えます。外国に行けば治安が日本より悪いところはいくらでもあるし、犯罪に巻き込まれたり、現地特有の感染症にかかることもあります。海外で風邪をひいたり怪我をしたら薬を買うのや病院を受診するのにも言葉の壁もあり、衛生的に心配な地域もあるでしょう。 そんな危険を冒してまでみんななんで海外旅行や留学などに行くのでしょうか。 それ以上に得られるものが大きいから行くのでないでしょうか。人生一回しかないので行動するリスクよりも行動しないリスク(ここでいうリスクは危険度)の方がよっぽどリスクが高いからみんな行動するのではないでしょうか。 国内旅行だって高速道路を車で移動している時点で事故のリスクがあります。何か連休があるごとに交通事故で死亡というニュースが必ず流れます。 車を運転したり、遠出したら事故のリスクは高まりますよね。それでもみんな運転して得られるメリットが大きいと感じたり、リスクを天秤にかけて判断しているわけですよね。 みんな日常生活では無意識にリスクの選定をして生活しているものです。 コロナに関してもしっかり自分でリスクを考えて行動するべきです。 もちろんゼロリスクを求めるなら家から一歩も出ずにネット通販をして、LINEでコミュニケーションとればコロナに関してはゼロリスクですね。 でも違う精神的な病にかかるリスクは倍増しそうですねw なによりも限られた人生を無駄にする最大のリスクがあるように思えます。 まあひとによって価値観を違うので一概には言えませんが。 みなさんも適切なリスク管理をして日々を楽しみましょう!  

昨夜はネガティブサプライズありました

2021-05-08T13:40:32+00:002021/05/08|沖縄スポーツクラブ|

沖縄はもう梅雨入りですね。今年は台風が多く発生するなんて噂もありますね。 沖縄で過ごす夏もあとわずかのような気がします。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 さて、昨夜は米雇用統計でネガティブサプライズがありましたね。 やっぱり経済急回復を織り込んだ考えがかなり過熱していたということでしょうかね。 今回の米雇用統計は26万人増で事前予測100万人近く大きく下回りました。 これを受け金利は低下、ドル安、株高という流れになりました。 バイデン大統領は緊急会見で釈明「経済回復は短距離ではなくマラソン」だと。 しかし実態は失業保険増額が勤労意欲を削ぎ落し、結果的に労働者不足を生じて賃金コストが上昇しているようです。失業保険もらっていた方が普通にフルタイムで働くのと同じくらいの額がもらえるという奇妙な現象が起こっているようです。黙って副業なんてやりたい放題です。 そんなんじゃみんな絶対仕事しないですよねw 日本人の普通の感覚だと仕事しないで高額な失業保険をもらって生活していたらなんか罪悪感というか、世間の目というか、仕事してないダメな奴っていう感覚になり、少しでも早く仕事に復帰しようという気になるとは思いますが、アメリカとかそんなのお構いなしって感じです。 仕事しないで金もらえるならなるべく仕事に就かないで失業保険もらい続けてやるっていう人がたくさんいます。 それが今回の統計で顕著に表れましたね。 今回のネガティブサプライズを受けて米国株は最高値。なぜネガティブな雇用統計結果がでたのに株が上がるのかは長くなるので説明はしませんが、重要なことは今は「コロナなのに株高」ではなく、「コロナだから株高」なんですね◎ コロナが終息した後マーケットがどう動くかが試されると思います。 日本もアメリカもコロナ問題がスタートしてからは(まあ今も言ってるけど)実体経済と株価の乖離がありますが、それが良いとか悪いとかは極論どうでもよくてその乖離にチャンスがあり、黙ってお金を稼がせてもらってるんだとあるトレーダーが言ってました。経済の評論家と投資家とでは全く見方が違うということなんでしょうか。 日本は昨年一人10万円の給付金で世の中にお金をばら撒きましたが、あれはあれで良かったと思いますし、あれ以来やらなかったことも良かったと思います。 アメリカは日本以上にお金を刷って国民にばら撒いて消費を促してきましたが、今後その副作用がどうなっていくのかが注目ですね。      

日米首脳会談が行われましたね☆

2021-04-17T16:03:46+00:002021/04/17|沖縄スポーツクラブ|

最近はまたコロナ増えてきましたね。 第4波だか第5波だかもうよくわからなくなってきました。変異型も流行しているようで、ブラジル型とか南アフリカ型とか色々ありすぎてうんざりですね。 今週のマーケットも米国金利が急落したり、仮想通貨取引所のコインベースが上場したりといろんなことがありましたね。 こんんちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 個人的にはアメリカのバイデンホワイトハウス初の正式外交式典として菅総理が招かれたことが今週の気になるニュースでしたね◎ 「Welcome Yoshi」とお決まりのファーストネーム呼びで始まりました。 アメリカのテレビ局も通常番組中断でホワイトハウスから生中継してたようですね。 「台湾明示」もしっかりやってほしいと思っていましたが、共同声明にしっかり「台湾海峡の平和と安定の重症性を強調するとともに」と明記され安心です。 中国は反発するでしょうけど今こそ日米が協力して沖縄県の尖閣や周辺海域、台湾をしっかり護ってくべきですね。 あんまりこういうこと言うとちょっと右派のやばい奴とか言われそうなんでこのへんにしておきますが、海外が好きで色んな国に住んできましたが、愛国心は忘れていないということですねw 米国のテレビ局のキャスターがSugaと発音しずらそうでしたね。Sugaって外国人からすると発音むずいのか? 途中から「日本の首相は」って言い換えてましたが。 いつの日か日本の首相が英語でスピーチできる日がきてほしいですね。 小泉進次郎あたりから日本人も英語で対応できるっていうのを見せてほしいですね☆ まあ小泉進次郎大臣が英語が堪能かは知りませんが。河野さんの方が英語力は高いのか。。。 英語が上手な政治家やスポーツ選手、芸能人などを調べてみると完璧に話すということよりも自信をもってしっかり伝えようとする能力が高いと感じます。 錦織圭とか佐藤琢磨とかすごいですね。 あの大勢の観客を前にアメリカ人のインタヴュアーからの質問をしっかり理解して自分の言葉でしっかり応える力がすごいと思います。 ちょっと話は逸れましたが、とにかく今後の米中の狭間に立たされる日本の立場が気になりますね。  

この事件はむずい

2021-04-03T15:58:42+00:002021/04/03|トレーニング, 沖縄スポーツクラブ|

蒸し暑い週末になってます。トレーニングに関してこういうジメジメした気候はネガティブなコンディションですね。 何となく力がMAX出ないような感じがします。皆さんモチベーションが上がりずらい時はシンプルなトレーニングに絞っていきましょう。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 さて、今週の気になった出来事としましては沖縄の感染者増も気になりますが個人的には金融マーケットを脅かした『アルケゴス騒動』でしょうか。 内容は複雑過ぎてまだよく理解しておらず勉強中です。 住む世界が違う人たちのことを学ぼうとすると専門用語が多かったり、必要な予備知識が多すぎたりと大変ですねw アルケゴス・キャピタル・マネジメントという富裕層を相手にしたお金の運用会社が、莫大な損失を出して、お金を貸していた取引銀行が担保株の強制売却に踏み切り、これによって一部の国際的な金融機関に多額の損が出たというものです。 うーん、よくわかりませんねw 資産が100億ドル(1兆円)を超え、レバレッジ(自分が持っているお金の何倍、何十倍の取引きをすること)ポジションは一時500億ドル(5兆円)を超えていたとも報道されています。 それが一瞬にして溶けたと聞けばとりあえず大損したんだなというのはわかりますね。 一人の大富豪が膨大な量の株や債券を売る(今回は強制的に売却)と市場にも大きな影響がでます。 個人はほとんど影響を受けていませんが、銀行等の金融機関はかなりの損失を被り、市場関係者は凍り付いたと言われてます。 日本の野村ホールディングスや三菱UFJ、みずほも米子会社による顧客との取引に関連して、多額の損害が生じる可能性があると発表しました。想定される損害額はなんと、約20億ドル(約2200億円)にも上るそうです。 三菱UFJ証券ホールディングスの損害額2.7億ドル。アメリカのゴールドマンサックスやモルガン・スタンレーも損失を被り、クレディ・スイスは30~40億ドルの損失と報道されています。 この金融事件のきっかけを作ったのが米国在住の韓国人ビル・ファン氏ということです。 クリスチャン投機家として莫大な資産を運用している彼の会社が莫大な損失を出したことにより周りの金融機関にも波及したというものです。 なんでそうなったかとか深いところは複雑過ぎてまだ理解できてませんw このブログを書いている最中も自分の中で完全に理解しておらず、なんでこんな記事を書き始めてしまったんだろうって後悔してます。 一回書き始めちゃったからとりあえずまとめないとって感じですが、時間内にわかりやすくまとめることができないですねw まだまだ勉強不足でしたね。 将来映画化されるようなくらい金融マーケットにはとっては事件だったようなので、理解できないというのは悔しいのでわかるまで勉強してみたいと思います◎ トレーニングも勉強と同じでわからないこと、できないことが恥ずかしい、悔しいという感情からモチベーションへと変換されていくのかもしれないですね。 では皆さん引き続きコロナに警戒して活動していきましょう。  

久々に良い波でした。

2021-03-27T15:43:39+00:002021/03/27|沖縄スポーツクラブ|

沖縄県内コロナ感染者がまた増えてきています。 皆さん引き続き警戒しながら活動していきましょう。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 先日は久しぶりに砂辺に入水。 胸・肩のオフショア面ツルで、天気も良く久々に良いサーフィンができました◎ 来週もタイミングよくちょうどいい波がきてくれればと思います。 さて、最近は世界的にワクチン接種が進み、楽観的な空気でしたが、日本も欧米も感染者がまたじわじわ増えてきているようです。 英国ではパブに入るために、コロナワクチン・パスポートを提示することが義務付けとなる可能性があるようですね。 ワクチン流通後の各国のコロナ政策も色んなものがあって面白いです。 日本も飲食店や娯楽施設に入る際に陰性証明書やワクチン接種済証明書を提示しなければいけない世の中になるのでしょうか。。。 それとコロナ以外で今話題なのがスエズ運河での大型コンテナ船の座礁問題ではないでしょうか。 このスエズ運河を通る貿易は1時間で4億ドルと推計されており、全世界が巨額のコストを被っています。 復旧のめどは立っておらず、送り先に物資が届かず、製造業や小売りなど二次被害、三次被害となっています。 この運河が通れないことにより世界中のタンカーやコンテナ船が立ち往生状態だそうです。 サプライチェーンはコロナ禍からの回復に逆風となっております。 年2万隻通る世界貿易の要が現在死んでいるため、南アフリカ迂回を強いられる可能性もでてきているそうです。 そうなると余計にコストがかかる+供給不足で物価が高騰する可能性があります。 原油タンカーも足止めのため、原油価格も現在高騰しています。時間差で消費者に影響するのでちょっと時間が経ってからガソリン代が値上がりするでしょう。すでにコロナ終息雰囲気でガソリン代が上がっているのに。 トイレットペーパーやコーヒーの価格にも影響する可能性ありです。ただ決してトイレットペーパーやコーヒーが店舗からなくなることはないのであのコロナ禍のバカみたいな買い占めは絶対やめましょう。 あんなデカい船をどうやって離礁させるのでしょうか。。。世界が注目しています。 現在原油マーケットではこのまま原油が高騰するようにあと1週間くらいあえて復旧させないんじゃないかという話もでています。このまま原油が上がれば儲かる人や国もでてきますのでw こういう事故や事件が起きたときもどう金儲けしようと考えている人が世界には溢れています。 戦争だってそうですね。戦争が始まって潤う人や企業がいるのと同じことです。 人や企業、国の不幸で稼いでいる人たちがいるという現実があるのですね。