北部開発

/Tag: 北部開発

沖縄北部開発

2019-09-07T13:55:29+00:002019/09/07|沖縄スポーツクラブ|

台風13号のうねりは十分入っているみたいですが風がなかなかきまっていないそうです。 サーファーK先輩は今回のT13は当てたでしょうか。。。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 私は9月末まではダイビングシーズンでサーフィンはちょっと疎遠状態です↓ さて、沖縄県内外の企業で構成する「ジャパンエンターテイメント」の北部開発の事業概要が発表されました。 テーマパーク内に10カ所程度、森林を生かした体験施設などを整備予定で、本島北部の自然環境も活用するそうです。 気になる開発にかかる土地ですが、オリオン子会社のオリオン嵐山ゴルフ倶楽部(沖縄県今帰仁村)の用地に開業する予定のようです。 ジェットコースターなどの遊戯設備を集めた従来のテーマパークと異なり、沖縄にある亜熱帯の自然を体感できる施設を目指すという。。。 自然を体感できるスポットが多いこの沖縄に、わざわざテーマパークの中に人間の手で作った自然体感施設を作るというのはなんともリスキーな事業だとは思いますが。。。 東京のど真ん中に自然を体感できるネイチャー施設ならまだわかるのですが。。。 もうすでに自然いっぱいあるし沖縄w 綺麗な自然を体感できる島が魅力な島に更に人工物の自然施設をつくって果たして集客できるのか心配ではありますが。 沖縄北部の地域振興に繋がるのは間違いないので良い面もたくさんあると思います。 あの周辺の土地は売れるし、企業の誘致や内地からの現場職員の住宅施設や飲食店も潤いますので◎ 沖縄県内は本島や宮古島のようにオープンで観光表や外国からのインバウンドを積極的に進めている島もあれば、西表島や八重山の一部の島のように断固拒否の姿勢を貫いている島もあります。 果たして数十年後のお互いどのようになっているか気になるところです。 この選択は地域振興や経済に更なる格差を生み出すことでしょう。 宮古島は現在建設ラッシュで内地の企業がバンバン投資しており、深刻な人手不足(特に建設作業員)のため、日当4万で募集しているようです。日当4万出して作業員雇ったとしても、すぐに回収できる見込みがあるからこそです。ワンルームの家賃も月10万からだそうですね。 大変な離島バブルです。格差はどんどん生まれ、宮古ブームが去った時の出口対策も考える必要があるかもしれません。 個人的には沖縄の開発事業には賛成です◎ 今回の北部開発もどう変わっていくのか楽しみですが、2016年のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の沖縄進出計画の撤回を見ると、今回もとん挫するのではないかという心配もあります。 むしろなぜUSJは沖縄進出をやめたのか。を考えたらきっと何か大きなリスクがあったのではと考えさせられます。