警備

/Tag: 警備

民間軍事会社

2020-01-18T13:29:52+00:002020/01/18|トレーニング, 沖縄スポーツクラブ|

そういえばカルロスゴーンが日本を極秘で出国しましたね。 出国を支援したのはアメリカの民間軍事警備会社だそうです。 セコムやALSOKのような普通の警備会社ではなく、民間軍事会社ですので銃器を使用したガチの組織です。 こんにちは、スポーツクラブイーズのまちゃあきです。 民間軍事会社とは国ではなく民間が経営する軍隊のような組織で、報酬と引き換えに軍隊に変わって戦闘行為などを行うという、いわば昔で言うところの傭兵のような組織です。 ただ傭兵と聞くと少々野蛮な感じもしますが、民間軍事警備会社の社員のほとんどが元軍人や元警察といったスペシャリスト達で、戦争や紛争に参加するだけでなく、要人警護や拠点の防衛、さらには正規軍に対して軍事訓練など、様々なサービスも提供しています。 かれらは相当な報酬をもらえます。もちろん死ぬ確率は高いですが。 ある警備会社の月給は月1万ドル(日本円で約100万くらいだそうです) 彼らが加入できる生命保険なんてものは存在しないのではないでしょうか。存在したとしても毎月保険料100万とかでしょうねw 今回の脱出に関わった警備員はアメリカの元特殊部隊員2名だそうです。 彼らからしたら日本を極秘に出国するなんてイージーだったかもしれませんね。 日本の民間警備会社が関わっていたかと思いましたが、違いましたね。 アメリカやイギリスの民間軍事会社は戦争や内戦が起こるとそこに大量のお金が入ってきます。戦争のおかげで儲けているビジネスって世界にはたくさんありますね。 個人的に以前はこういう最前線の現場に行く組織に憧れていましたが、今は以前より命を大事にするようになったので行きたいとかは思わなくなりましたw 将来は国対国の戦争ですら民間に外注するなんていう時代がくるかもしれません。